​龍頭観音堂

茶屋右奥に祀られております

龍頭観音は三六観音の一つで世に光を与へなやめる衆生の音声をみそなわし導いて下さる菩薩様です。

お姿は左手に水晶の玉右手に巻物をおもちになって一角の龍に乗っておられます。

水晶の玉の意は水のもっている力水の働きを昌(あきら)かにする正しくするということで天上の水地上の水、地下の水を支配される龍頭観音様は様々な龍を仕いて水を支配すると云います。

龍は海に千年山に千年三千年の功を経て天に昇り、そしてお仕へ姫になり神通を有して様々なものに変化し水にもくぐり空を駆ける霊獣とされてます。

釈迦の誕生に(二五三六年前)八大龍王が花をちらし慈雨甘露の雨を降らして祝福したことも有名で、今もって釈迦に花をちらし甘茶をかけているのもその所以であります。

龍頭観音の霊験と山水の守護を古人が心願を籠めたものを茲に再現復興し祀ったものです。